はっきり言って「儲けてやろう」とギラギラしている人は、なぜか儲かりません。
儲けが逃げていってしまいます。

これは、「儲けは人からしか発生しない」という事実を考えれば当然のことです。

誰もが儲けようとギラギラしている人に近寄りたくありません。
儲けようと思っている人はそういうオーラが体全体から出ているものです。

そういう人に近づくと売り込みされてしまうんじゃないかな?と警戒されてしまいます。

儲けようとしてギラギラしている人には、同じように儲けようとギラギラしている人が近寄ってきます。
そして、大切なお金を騙し取られたりします。
そういう例を何度か目撃しています。

「儲けたい」と思ったら、逆に「儲ける」という意識から離れてみることです。
そして、自分の利益ではなく、買ってくれる人の利益(ベネフィット)は何かをまず考える。

そうすれば不思議な事に、あれほど儲からなかったのが嘘のようにお金が入るようになってきます。

これも、「儲けは人からしか発生しない」という事実を考えれば当然のことです。
ナゼなら、自分の利益ではなく、「買ってくれる人のベネフィットは何か」を考えたからです。

人は自分のベネフィットには敏感です。
自分に価値をもたらすものにはお金を支払うのです。

成功の早道は、自分の儲けではなく、他人(お客)の利益は何かを考え行動する行為なのです。