ネット販売を考えるとき、大抵は業者に丸投げしてネットショップを作ってしまいます。
ネットショップ作成を丸投げすると、どんなに安くても20万前後は請求されるのではないでしょうか?

でもこれは、ネット販売を行う際、最も費用対効果の悪いお金の使い方と思います。

そもそもネット販売に限らず、自分の商品への想いが最もあるのは自分自身です。
どんなに言葉を尽くして説明しても業者には伝わらない部分が出てくるものです。
まして、最初から丸投げの意識だと、商品の良さがお客様に伝わるのは難しいでしょう。

ネットショップを作るのに一番適した人は、実は経営者自身です。パソコンの詳しい社員でも、デザインが優れた外注でもありません。
やはり経営者自身が思いを込めて作ったコンテンツが、一番訴求力があると感じます。

こういう話をすると、「私はパソコンに詳しくないから」と、最初から諦めている経営者の方がいらっしゃいます。そして、業者に丸投げしてしまいます。

でも、それは生きたお金の使い方ではありません。

仮に20万円支払うつもりなら、どうしても自分ではできないデザイン部分の作成や、記事のアップロード方法を教えてもらう費用としてそのお金を使い、コンテンツの中身は自分で作りましょう。
そして、サイト更新ができるように最後まで指導してもらうこともお忘れなく。

商売を考える上で、ネット販売を考慮に入れるのは必須の時代になってきました。
これからの経営者は自分で情報をネット上に発信する力を養わなくてはなりません。

それを業者に丸投げして済ませてしまうと、せっかく情報発信力を会得する機会を失ってしまうのです。

丸投げで作ってもらえれば確かにラクです。
でも、自分で自由に更新ができなければ、効果の無い(売れない)ネットショップになってしまう可能性が高くなります。

そうならないためにも生きたお金の使い方をしていきましょう!