キャッチコピー

新規閲覧者がホームページを見て、「もっと見てみたい」と思ってページ下まで読んでくれるか、それとも「このサイトはパス」と別のサイトに移動するか、その判断スピードは7秒とも5秒とも言われます。

せっかくGoogleやYahoo!の検索から訪れていただいたワケですから、「もっと見てみたい」と思ってもらいたいものです。

もしキャッチコピーに閲覧者を引きつける言葉があったら、高い確率で「もっと見てみたい」と思ってもらえます。

そんな、閲覧者を引きつけるキャッチコピーの作り方をご紹介します。