キャッチコピーは3種類に大きく分類される

キャッチコピーの型として、「問題解消型」、「お得感演出型」、「人気訴求型」の3つに大きく分類されます。

商品によって、どの型を使ったら最も効果的かは異なりますが、最初の内はあまリ気にせずに色々と試してみるのが良いでしょう。

20個程度は書き出してみる

プロのコピーライターには、最適なキャッチコピーを考えるのに100個以上書き出す人もいます。
慣れないあなたに最初から100個とは言いませんが、キャッチコピーがお客様の心に届かないと、それ以降のコンテンツを読んで頂けませんので、とにかく考え抜いて最低でも20個程度は書き出してみるべきです。

それ位の労力をかけても、キャッチコピーが成功した時に得られるリターンは絶大ですので、挑戦する価値は大いにあります。