ビジネス書もビジネスセミナーも、そのほとんどが成功例で成り立っています。
成功例は話すのも聞くのも気分の良いものです。

なんだか聞いているだけでワクワクしますし、真似をすると自分も成功するような気になります。
その事はモチベーションアップに重要ですし、ぜひ真似して欲しいとも思います。

でも、よく考えてみて下さい。
成功例の裏側には死屍累々たる失敗例があるのが普通ですよね?
成功例が一つあれば、おそらくその陰には数十単位での失敗例があると思います。

大事なのは失敗例も知ることです。
嫌だけど、聞きたくないけど、失敗例に耳を傾ける必要があります。

失敗例を聞こうとする人は少ないですが、ビジネス書やセミナーで成功例を収集するコレクターの人達って意外に多いんです。
問題なのは、収集するだけで満足してしまって、実行に移さず、また別の知識を収集してお終い。
でも、本人はその事に気が付いていない。

経営者なら分かると思いますが、うわべだけの成功例だけを知っても成功なんかしません。ビジネスはそれほど甘くはありませんから。

成功したいなら、成功例の収集で満足せず、失敗例に耳を傾けましょう。
セミナー終了後の懇親会はチャンスです。懇親会に参加する講師の先生ならちゃんと失敗例を話してくれるはずです。

ビジネス書の著者に直接コンタクトを取るのも良いと思います。意外に教えてくれますよ。