人生のラッキーとアンラッキーは、同じ確率で現れます。

商売でも「ラッキー」と「アンラッキー」は同じ確率で現れます。

普段通り商売をやっても、うまく売上が上がっている状態が続いているのはラッキーと思った方が良いです。

でも、ラッキーが続けば必ずアンラッキーな状態が訪れます。極端なアンラッキーは事業失敗に直結します。

アンラッキーな状態が訪れても事業失敗の憂き目に遭わないためには、毎日改善を重ねることです。
毎日同じ事を繰り返しても、変化の激しい現代では現状維持ができません。

毎日小さな改善を繰り返すと、中には小さなアンラッキーをたくさん体験します。
でも、小さなアンラッキーをたくさん体験しておくと、大きが失敗が減るのが道理です。

つまり、小さな失敗を重ねると、成功が近づくというのも道理なのです。
それこそが毎日改善を重ねる効能ですよね。

こう考えるだけで、なんだか元気が出ませんか?