簡単で費用をかけなくても効果的な「コスパマ」ネット販売ノウハウを提供します。

MENU

ショッピングカートの選び方

ショッピングカートの選び方

このページは、独自にランディングページを立ち上げるのに適切なショッピングカートは?という切り口で書いています。
「既にホームページを持っていて、ショッピングカート機能のみをプラスする」というイメージです。

その使い方の特性上、通常のネットショップ用ショッピングカートの選び方とは異なることをご承知おきください。

無料か有料か?

WordPress+Welcart

以前は無料で利用できるショッピングカートにお勧めできるものが見当たらなかったのですが、WordPressを使うことを前提とするなら、Welcartで決まりです。
日本で作られたプラグインだけあって、日本のネット販売事情にジャストフィットします。

開発者の南部さんとは何度かお会いしましたが、Welcartに情熱を持って開発を進めておられますので、今後の進化にも期待できます。

WordPressをインストールしない場合

もし、WordPressを使わずに、無料で利用できるショッピングカートを探すとなると、相当厳しいのが現実です。

Zen CartやEC-CUBEといった無料カートの双璧も、ショッピングカート機能のみを使う用途には改造が必要で、初心者には無理があります。

WordPressとWelcartの組み合わせを使わない場合、あなたがcgiやphp、mysqlの知識に精通しているのであれば別ですが、そうでなければ無料版は諦めて、有料版を使った方が良さそうです。

ASPか買取か?

ASPの場合、月額利用料が1,000円~3,000円程度です。

買取型は16,000円~25,000円程度です。

機能的にはほぼ互角ですが、ASPの場合利用料金が毎月かかることを考慮すると、1年~2年程度で買取型の金額を超えてしまいますので、金額的には買取型のメリットが大きいでしょう。

ASPのメリットは常にバージョンアップされ、新機能がすぐに反映されることです。
それと、導入の容易さではASPに軍配が上がります。

買取型は自分でサーバーにインストールする必要がありますので、ある程度サーバー知識がないと苦労します。全くの初心者には導入は難しいかも知れません。

どのショッピングカートがおすすめか?

ASPの場合

ホスティングサーバー初心者はASPを利用するのが良いと思います。

e-shops カート2

利用料金に対する機能のコストパフォーマンスが高いです。

基本プランでは扱える商品点数が1,000点までですが、ランディングページで使うことを考慮すると十分でしょう。

SHOP-Maker

ランディングページで使用することを考慮した場合、上記したe-shops カート2に比較し、若干コストパフォーマンスは劣りますが、カートデザインなどは優れています。

また、初心者でも導入に問題ないショッピングカートです。

買取型の場合

買取型は中級者以上の方にお勧めのカートです。ただし、2年以上利用することが前提となります。

ダヴィンチカート

実売で16,000円程度で買える、サーバー組込み型のカートです。

ジャストシステムが販売権を買い取ったことからも伺える通り、機能面は非常に高いものがあります。

ただし、ダヴィンチカートの初期設定や登録作業は、ネットショップの運営をある程度経験した人でないと分かりにくい面が多少ありますが、それを補っても良いショッピングカートと感じます。

  • facebook
  • twitter

「カンタン!WordPressでつくるビジネスサイト」の改訂2版が出版されました!

遠藤裕司の著書 好評販売中!

Copyright © 株式会社通信技研 All Rights Reserved.