簡単で費用をかけなくても効果的な「コスパマ」ネット販売ノウハウを提供します。

MENU

ネット販売の形態と種類

ネット販売の形態と種類

ネット販売というと、カートが用意されている販売サイトだけを思い浮かべる方も多いかと思いますが、それだけではありません。

ネットで商品を販売する形態には、大きく分けて、

1)独自ネットショップ
2)ショッピングモール参加
3)ネットオークション参加

の3つが考えられます。

独自ネットショップ

文字通り自分でネットショップを作る方法です。

便宜上「ネットショップ」と書きましたが、なにもネットショップシステムをレンタルして構築するものだけがネットショップではありません。

商品紹介ページを作り、「購入希望はメールまたはFAXでどうぞ」と購入方法を記載すれば、立派なネットショップになります。

ネット黎明期のショップはどこもそんなもので、カートシステムを備えているサイトはマレでした。

分類としては、自分のサイト上でなんらかの方法で商品を売ろうとしていれば「独自ネットショップ」だと言えます。

そのメリットは、とにかく運用コストが安いことで、その気になればタダ! デメリットは集客が難しく、収益を上げるには努力とノウハウが必要なことです。

ショッピングモール参加

楽天市場やYahoo!ショッピング等のショッピングモール(市場)に出店して販売する方法です。

ショッピングモール参加を検討するなら「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazonマーケットプレイス」から選べば十分でしょう。

モールの覇権争いは既に決着がついています。

ショッピングモール参加のメリットは、一定の集客が見込め、運営ノウハウが確立していることです。

デメリットは、運営コストがかかり、ページデザインの自由度が限られていることです。

Amazonマーケットプレイスを除き、運転資金に余裕のないと参入は厳しいです。

ネットオークション参加

Yahoo!オークション等のオークションサイトに出品して販売する方法です。

メリットは一定の集客が見込めることで、どんなもの(ワケあり、ジャンク品)でも値段が付きます。

デメリットは、出品から落札、発送までの手順が煩雑なのに、薄利であることです。

  • facebook
  • twitter

「カンタン!WordPressでつくるビジネスサイト」の改訂2版が出版されました!

遠藤裕司の著書 好評販売中!

Copyright © 株式会社通信技研 All Rights Reserved.