簡単で費用をかけなくても効果的な「コスパマ」ネット販売ノウハウを提供します。

MENU

コスパマを取り巻くネット販売の現状

コスパマを取り巻くネット販売の現状

ネット販売の競争相手は全国

リアル店舗と違いネット販売の場合は、競争相手は全国(全世界)で、しかも、欲しい商品をネット上で比較しながら購入するのが当たり前となっています。

他店よりも安い値付けにしたところで、必ずそれを下回る価格を付けるお店が出現します。そうなると安売り競争です。

そもそも、店主の思い入れの感じられない、商品をただ羅列しているようなお店はスルーされます。

ネット販売の2強

最近のネット販売セオリーとしては、楽天に出店するか、Amazonマーケットプレイスに出店するか、それとも両方かという選択肢で決着しつつあります。それほど2社は強大となりました。
この2強は、お金がかかっても構わないから大量に売りたい、という場合は選択肢となります。

独自ネットショップとの併売が主流

あとは、独自ネットショップによる販売と、楽天・Amazonへの併売という選択肢もあります。
楽天やAmazonは他人の軒先にお店を出すのと同じですが、独自ネットショップによる販売なら、自分だけのお店を出せますから、ネット販売の基盤固め(自分の土地と畑を持つ感覚)を行えます。

独自ネットショップ販売の問題点

ところが、独自ネットショップによる販売はなかなか売上が上がらないという声を聞きます。 これはなぜでしょう?

独自ネットショップによる販売がうまくいかないのは、高額なネットショップ利用料に怯えて、想いのある商品ではなく、売れそうな商品を扱ってしまうことが、主な要因ではないかと考えられます。想いのある商品を想いを込めて、ランディングページ的な丁寧な売りさえすれば必ず売れるのです。

独自ネットショップ販売は丁寧にじっくり行う

独自ネットショップを持つ場合、ネット販売の月々の利用料が無視できるほどのサービスを利用し、まずは売上を気にせず、月々の利用料に翻弄されることもなく、丁寧にじっくりと売っていくことが成功のポイントです。

独自ネットショップ販売は諦めなくても良い環境作りが大切

前述したように、独自ネットショップで実際に売上が上がっていくのは、検索エンジンで上位表示される半年から1年後です。
売上が上がらないのに利用料だけ発生する状況が続くと、大抵の場合諦めて出店を止めてしますが、そういう負のスパイラルから抜け出して、想いのある商品を想いを込めて丁寧に売ることができる、諦めなくても良い環境作りが最も大切なのです。

Copyright © 株式会社通信技研 All Rights Reserved.